一般社団法人 地域再生・防災ドローン利活用推進協会

平成30年度 兵庫県国民保護共同訓練に参加

2019-2-22

このたび、兵庫県国民保護共同訓練が
内閣官房・総務省消防庁・兵庫県・神戸市主催で実施されました。

RUSEAは神戸市と災害時運用協定を締結するDPCAと共に
ドローンによる情報収集部隊として訓練に参加。

圧電スピーカーの開発を手掛ける有限会社ZenTecの協力を得て
スピーカー搭載ドローンも運用しました。

詳細https://www.dronetimes.jp/articles/3841
本年秋の「ラグビーワールドカップ2019(TM)神戸開催」などの
大規模国際イベント開催を見据え、テロ等の国民保護事案発生時における関係機関の連携強化と、

国民保護に対する理解の促進を図ることを目的として開催されたこの訓練。

今回の訓練では何者かにより化学剤が散布されたとの想定で、
約70機関から約1000人以上が参加しました。

私達の活動は平常時もさることながら、
災害発生時の地域貢献も大切な責務のひとつです。
このような観点から、日々の技能向上は勿論、災害時の運用体制、
広域防災ネットワークの構築にDPCAと共に注力し、微力ですが社会貢献を行って
参りたいと考えています。
※訓練では必要な許可を取得し、国土交通省が定める安全体制を遵守した上で、
適切な安全管理の上で運用しています。





【ドローンオペレーター】
M210 : 沖 颯太 (ドローン・テクノサポート)
M600 : 百々 栄次 大栗 克俊(RUSEA 徳島第一支部)
【協力 RUSEA支部】
大阪第一支部 (株)ドローンプラス
大阪第二支部 (株)ハニービー
徳島支部 (株)シナジーテックv 兵庫第一支部 (株)松建
兵庫三田支部 (株)サクシード
富山支部 (有)北陸旭輸送
和歌山第一支部 合同会社ウィズコーポレーション

【協力】
神戸市
有限会社 ZenTec
特別養護老人ホーム 花みさき

【機材サポート】
(株)ドローン・テクノサポート

ページのトップへ戻る